TASCAM DA−3000 メモリーレコーダー

2015/07/29



ついに購入しました。

メーカーの資料です






DSDの5.6MHzや、PCMの192KHz24bitの録音が出来て、
SDカードやCFカードに記録が出来ます。


但し、
USBメモリーへの直接の記録は出来ません。
SDカードやCFカードに記録したデータを
コピーする事が出来ます。

この点はUR−2のが扱い易いです。



スイッチング電源ではなく
EIコアの電源トランスを掲載しています。


アナログ回路の電源電圧はプラスマイナス12V




上記の基板の右側がA/Dコンバーター部、
中央と左側がD/Aコンバーター部





A/Dコンバーター部です。
ADCチップはPCM4202
DSD 5.6MHzに対応です。
アナログICは5532と普通ですね。





D/Aコンバーター部です。
32bitDACのPCM1795をLRに1つずつ使用している
贅沢なDACです。
I/V変換はNJM2114,平衡出力は5532
と一般的です。


理論的にはS/Nは3db良くなりますが、
音質は?

ヘッドフォン出力はNJM4580とS/N重視です。


この仕様ですと
大人数の吹奏楽やオーケストラの
録音・再生は厳しいです。

特にヘッドフォンのモニターは
音の出だしがつぶれ易いですね。


まずは、アナログ回路の電源を外部から供給して、
LR別のプラスマイナス15Vの定電圧電源にします。

それと、
ADC・DACチップのアナログ部の電源回路を変更の予定です。



これで自作A/DコンバーターフォステクスのUR−2
メイン
長時間の録音が出来る48KHz24bitで記録し、

TASCAM DA−3000はサブとして
違うフォーマットで記録をして実験が出来ます。


2015/06/05

当方がDA−3000を購入したとの事で、
DA−3000の購入を検討している友人から
KORGのMR−1000で録音した
DSD 2.8MHzの音源を送って頂きました.

早速SDメモリーに取り込んで再生した処、
無事再生が出来ました。
約1GBの容量のファイルで、記録時間が約23分です。

ホールでワンポイントマイクでオーケストラを録音した音源です。
大変素晴らしい音で、
トロンボーン協奏曲でのトロンボーンが
まるで目の前で演奏しているようです。
ホールの音も綺麗で、オーケストラとの遠近感も良く出ています。
さすがにDSDで記録した音と言えます。



さて、次は当方が自作A/Dコンバーターから
フォステクスUR−2でSDメモリーに記録した
48KHz24bit音源を鳴らしてみました。

今度はDA−3000のD/Aコンバーターの
アナログ回路のスピードが遅いのと、
2つのDACチップのアナログ電源の共有化によるクロストークで
音にメリハリが無く、平面的な音になります。
特に拍子木の音が遅く、ホールに回り込む音が聞こえません。

それと接続される機器の低域特性と、
見かけ上のノイズの低減を考慮して
超低域が切れているので、

低音の位相が前に進むため
バスドラの音が他の楽器の音より先に聞こえてしまいます。
当方の自作DACではDCアンプ構成なので
こういう事はありません。


これは現場の演奏を知っている当方としては無視が出来ません。

これではノーマルでは吹奏楽の録音再生は無理です。



モーツァルトやベートーヴェンの交響曲やマーチ以外の
オーケストラ曲、
室内楽やジャズ、ポップスの録音には向くでしょう。


いつまでもジャズだクラシックだの
ローノイズと低歪み率ばかりを追求した
機器ばかりを
製作供給していると

レコーダー以外の
より高度な録音機器の開発ばかりでなく
高度な録音技術の取得・鍛錬が出来なくなりますね。


せっかくの2chのDSDレコーダーです。
音のタイミングにうるさい打楽器や
吹奏楽の録音・再生に耐えうる機器にして欲しいですね。




2015/06/13





A/D・D/Aコンバーター基板の裏側です。

ここに電子ボリュームICのNJW1195Aが2個ついています。
このICは4chの音量をコントロールが出来るので、
左右の平衡入出力の4chを一緒に制御が出来ます。

これで入力と出力の電圧設定を行っています。

各chにアンプが入っていますが、
そのスピードがどの位かは判りません。


このICは±7Vで動作しています。



外部電源からアナログ回路用の±20Vを供給しました。





自作した2段定電圧電源です。±15Vは2回路です。





1回路の±15Vは、

A/D・D/Aコンバーター基板のアナログ回路用、


もう1回路の±15Vは、

ヘッドフォン回路と、

電子ボリュームNJW1195A用の±7Vと、
A/DコンバーターPCM4202の+5Vアナログ電源、
2個のD/AコンバーターPCM1795用の+5Vアナログ電源用
です。



A/D・D/Aコンバーター基板のNJM5532は
スルーレートが300倍以上のより超高速のオペアンプに交換。

ヘッドフォン回路のNJM4580も
超高速オペアンプに交換しました。


PCMの96KHz24bitにて
入力に発振器から信号を入れた処、
入出力のトータルにて5Hz−2dbと
低域が低下していました。

アナログ機器ならいざ知らず
最新鋭の録音機器ですから
低域は1Hz−3db以下にしたい処です。

そのためカップリングコンデンサーの容量を大幅に増加しました。

これによりホールの空間音が
より生に近くなります。



当方の自作A/Dコンバーターは専用設計なので
増幅段が1段で、
ADCチップも含めて左右別の定電圧電源です。

このDA−3000のA/Dコンバーターは、
汎用に設計されているので増幅が3段となっており、
かつ左右とも同一電源回路で動作をさせています。

増幅段が多いので、音のスピードが低下しますし、
音の解像度が低下しますね。



自作D/Aコンバーターは
1チップの24bitDAC
増幅が2段でDCアンプ構成、
DACチップも含めて左右別の定電圧電源です。

DA−3000のD/Aコンバーターは
左右別チップの32bitDACで、
3段増幅の出力コンデンサー付き
左右共通電源です。

こちらも増幅段が1段多く、
PCM1794やDSD1792という24bitDACより
デジタルフィルターのノイズが多いので、
音の鮮明度は低下します。




市販品のレコーダーの改造としては
相当良い音が記録・再生が出来るのではないか
と思います。
これからの録音が楽しみです。





2015/07/29


あれこれ購入して2ヶ月が過ぎました。

2つのオーケストラ、
2つの吹奏楽を
96KHz24bitにて録音しています。


録音した音源の感想ですが、

48KHz24bitと比較して高域が伸びていますね。
それとサンプリング周波数が倍になった事による
音の細かさが感じられます。

ADCチップが新しいので、
グラウンドノイズが低く感じます。(データ上6db)

それとソロ楽器の音が良く聞こえます。
(アンサンブルにはなりません)

欠点ですが、
ADCのアナログ回路のスピードが遅いので(主に電子ボリューム?)
音が複雑に絡まってくると各パートが分離して聞こえません。
それと同時に空間音が全く聞こえませんね。

特にエレクトリックベースやチューバ・ティンパニーの音の分離が悪く、
音の頭が聞こえずにその後の音が残って聞こえるので、
ゴチャゴチャのアンサンブルに聞こえます。

この音源ですと
モーツァルトやベートーヴェンの交響曲、
吹奏楽の録音では、
演奏の反省材料となる
演奏者にお渡しする音源にはなりません。


ソロ楽器やジャズのような
アンサンブルではない音楽の
録音には向くでしょう。