ZORZO邸訪問

東京都港区にあります。






小型エンクロージャー内の複数のスピーカーをマルチアンプにて駆動されています。
強化ガラスを用いた平面バッフル仕様です。

小型スピーカーとは思えないダイナミックレンジの広い音がしますし、
音源の細かい情報までも綺麗に再生します。
背圧が無いので抜けの良い音です。
バッフルが大きいので相当下の音まで再生します。





部屋の中央にヤマハの最高級コンサートグランドピアノCFXが置いてあります。

ピアノの音は
大変癖の無い柔らかな音がしながら
大音量に鳴らしても音が濁りにくいです。





先日伺ってピアノの音を録音をしました。




マイクはソニーC37P改造とC47を出して音を比較してみました。

C37P改造と比較してC47のが音が細かく繊細なのですが、
高い音程のキイの強打音の頭が潰れて響きの音と繋がってしまうので、

今回はC37P改造のみで録音しました。





マイクの位置はふくよかな音がしてバランスの良い音がする画像の位置にしました。







上記の画像の通り、
ピアノの下にサイズの異なる瓶を置いて
響板と床との共振等による音の濁りを防いでいます。

天井にも各部に吸音材を配置して音の濁りを減らしています。